交通事故専門の弁護士

交通事故の被害者になるということがあります。このときには加害者側の任意保険会社との示談交渉や賠償金額の請求などを行います。しかし法律に関する専門家ではないので、詳しい内容を理解しないまま話が進められて損をするということもあります。このようなことにならないために、また安心して話を進めていくために弁護士に依頼をするという方法があります。

弁護士は法律の専門家であるので、交通事故に関するさまざまな手続きにも対応してくれるようになっています。弁護士に依頼をすることでいくつかのメリットがあります。それは損害賠償の金額を上げることができるという点です。

人身傷害に関する損害賠償の算出に関しては、保険会社が提示金額を決めるときに独自の基準を設けていると言うことがあります。しかしこの他に裁判所が損害額を認定するときに使う基準もあり、これらは大きく異なっています。裁判所が使っている基準の方が高いという傾向で、ここには数百万円から数千万円の幅があります。

保険会社は、一般の人との示談交渉をするというときには保険会社が持っている独自の基準によって損害賠償の金額の算出を行って提示します。しかし示談交渉の依頼を受けた弁護士は、裁判所が用いる基準によって損害賠償の金額を主張すると言うことになるので、この場合保険会社は裁判所が使う基準をよく知っている人が間に入ったと言うことで、訴訟の可能性も考えた提示額を考えなければいけなくなり、提示額を上げてくると言うことも珍しくないのです。
【弁護士の最新記事】